ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな学校あったんだ!

昨日 夕方4時。そろそろのれんじめ・・かな~と思っていた時
一本の電話がなりました。「いまから行きたいのですが・・」という電話でした。
ランチの材料もあったので、お断りする要素がまるでない。ので、喜んで「どうぞ!」と
なり。(連絡くださればよっぽどなんかの予定がない限り、延長、させてもらってます~)
そして数分後きてくださったのは豊浦からいらしたという素敵な家族でした。
ローラファームからの紹介でした!(ありがとうローラさん!)

そのお母さん。あこさんは豊浦のシュタイナー学校に通う子供たちのお母さんでした。
シュタイナーは、名前は知っていました。なんとなくの教育方針も・・。
しかし全然詳しくはなかった私。あこさんはシュタイナーの本を置いてくれる店舗を
このように紹介→紹介というルートをたどって、函館を探索するために
キャンピングカーで 子ども達とやってきたわけです。

偶然 お米を買いにきてくれたHさん達とわたしで、あこさんのシュタイナー教育をざっくり
プチ講演してもらいました☆
 シュタイナー教育・・・。子どもの個性、めちゃめちゃ伸びそう!!
授業に「家を建てる」や『編み物」とか 「農業~出荷、販売」とか、
え~~!と、驚きの授業!!
「生きてくうえで大事な術・・」を教えてくれるんですね・・・。すっかり感心して
あこさんの話を聞き入りました・・。
もともとはドイツの障がいを持つ子どもを教育するさいに編みだされた
教育だったとか・・・。

もし興味ある方いましたら ネハナに本、置いてってくれたので、
読んでみてくださいね。
 トンボロさんとパザールバザールさんにも行かれたようです☆
150322_1501~01150322_1502~01

あこさんは震災を期に、学校がある豊浦に移住されたそうです。
震災は本当・・・色々な人や家族の運命を大きく変えてる・・。

(震災に)背中おされ、こっちに来ました!と明るく話してくれたあこさん。

「子ども行かせたい!」と思っても、そうなると一家で引っ越しか、
旦那さんだけ残し お母さんが引っ越しか・・・・。難しいね・・となってしまう現実に対し、
あこさんの場合は「震災」が大きな後押し(といっては変ですが・・)となったんですね・・。

旦那さんとは離れて暮らしてるそうです。

明るくキラキラとしたあこさんとお母さん思いなお兄ちゃんと甘えっ子な妹ちゃん。
またいつか再会したです。
 
昼間の営業になって・・・。他にも夜だと出会わなかった方達に会えてます。

そんな「新しい出会い」にも日々感謝です。

 

 





 

 

 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。