ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス・パフォーマンス イン 函館美術館!!

音楽・ダンス・アート・・五感に響くイベントがあります!!
是非お時間のある方行ってみてください!!

ダンス・パフォーマンス イン 函館美術館
日時:2014年3月30日(日)14:00 ~(30分程度)
会場:北海道立函館美術館
主催:北海道立函館美術館 / 函館美術館ボランティア・いちいの会

入場には「道南の美術 現代まで/から」展の観覧券が必要です。
観覧料(税込):一般170円/高大生100円


※席は先着50席。その他は桟敷、または立ち見になりますが、会場の安全確保のため、
入場者を制限する場合もございます。また、整理券などは発行いたしません。
1957989_1557747431117466_383489486_n.jpg


その空間の中央には水が張られている。そこに水滴が落とされ、
水の波紋の広がりと波紋どうしの複雑な重なりが、静かに、
ゆっくりと、空間に満ちていく。

今回の公演はダンサーの影も重要なファクターとなります。ダンサーの動作も、
水の波紋と同じ空間に映し出されます。
音楽と共にコラボレートされる「水影空間」をどうぞお楽しみください。


清水フミヒト
一瞬にして舞台の空気を変える存在感、足の先から指の先まで
全てを使い表すその表現力は高く評価され、様々な舞台でゲストソロダンサーとして活躍。
平成20年度新進芸術家海外留学制度1年派遣研修員としてニューヨークで活動。
公益財団法人岡山市文化・スポーツ振興財団主催ダン ス・インキュベーション・
フィールド岡山、講師。文部科学大臣賞など多数受賞。


小宮伸二
オーストリア、旧ユーゴ、アメリカなどで個展。
各国でアーティスト・イン・レジデンス、シンポジウム、その他アート・イベントに参加。
今回の空間の中央には水が張られる。そこに水滴が落とされ、
水の波紋の広がりと波紋どうしの複雑な重なりが空間全体に投影される。
静かにゆっくりとした水影空間。
三上千年
コンポーザー。 2011年 "PANORAMIC CHAOS(函館山クレモナホール)" に
電子音響アーティスト chiharu mk を招聘し、電子音響の素晴らしさを体感する。
自身も "hertz04/hertz06 北海道電子音響音楽フェスティバル" へ電子音響作品を出展。
2013年、弘前市で開かれた anbient/h を皮きりに新プロジェクト
"compost" 名義による活動開始。


清水フミヒト
http://www.dance-shimizu.jp/
小宮伸二
http://www.youtube.com/user/RAUMstudio

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。