ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みわちゃんの南米リポート(チェ・ゲバラ 最期の地編 パート1)

みわちゃんから先日報告メールをもらった時
私は胸が高鳴りました・・。
かの有名なキュ-バ革命の英雄チェ・ゲバラの最期の地へ行ったその報告。
メキシコでも彼は英雄でした・・。私も行ってみたかった地です。
大作なので二回に分けてアップしたいと思います!
緻密な報告をありがとう!!みわちゃん!

以下みわちゃんのお話です
写真はクリックすると大きくなります!

チェ・ゲバラが最期を迎えた場所に行ってきました‼︎
今いる、ボリビアのサンタクルスの街からバスで6時間、さらにツアータクシーで3時間。
ゲバラはチューロ渓谷、というところで捕まりました。
山の中へ中へ入っていきます。途中標高3000mを超えます。
今は夏ということもあり、緑がすご〜くきれいです。
コンドルも飛んでいました。
写真はチューロ渓谷に行く道です。
道はガタガタの未舗装。久しぶりのデスロードに、ワクワクしている自分がいました。
やっぱり南米はこうでないと‼ 一度目のボリビアは、アンデスの高地を移動しました。
今回は、標高も低くて、トロピカルです。
すご〜く暑いです。でも自然の中は涼しい風があって気持ちいいです。
写真ちぇ一番

ゲバラが捕えられた時、24歳だったというおじいちゃんガイドの案内で渓谷へ…
写真che

ここがゲバラがアメリカ軍の後援を受けたボリビア軍に捕まった場所。
今は、地面に石で星型☆のマークがつけられています。側には大きなイチヂクの木。
写真手前は何にもない、原っぱ。
畑のような跡があるだけです。
☆マークと囲いの後ろに小川がながれています。
写真1

ゲバラに刺さったもの⁈
それはちょっと定かではないけれど、実弾です。
写真jitudann

こちらは、ゲバラの銃だそう…
小道具は全て、おじいちゃんのジャンバーのポケットから出てきます。
ボリビアのドラえもん…‼︎
jyuu.jpg

恐れ多くも、ゲバラの銃に触ることができます…‼︎
ゲバラが捕らえられた場所にて…。
写真miwa
(みわちゃんが銃を持ってます!)

渓谷で捕えられたゲバラは、イゲラ村の、この小学校に連れてこられました。
ゲリラ戦士他2人と共に。
そしてここで銃殺されました。
小学校は、今はゲリラの資料館となっています。壁が塗り直されたりしていて、
きれいになり、当時の面影はなく、それがちょっと残念に感じました。
映画で見た小学校のシーンが印象に深かったので。
でも、イゲラ村、小さな小さな村です。2~3分で一周できるくらい。
ゲバラで有名になり、一応観光地とはなっていますが、何にもない静かなところです。
写真2

中はこの通り、きれいです。
思っていたより、小さな学校でした。周りの壁いっぱいに、訪れた人たちのメッセージや、何故か彼らの写真や身分証などが貼られていました…!
ゲバラは、最初に2発の銃弾を受けますが絶命せず、自分を撃った兵士に、「落ち着いて、よく狙え。お前はこれから人を一人殺すのだ」と言いました。それが最期の言葉です。
写真23
 
次に続きます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。