ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月3日 のお知らせ teteの会

e0190058_12153377.jpg

 私達の母、はる枝さんの思いから始まったプロジェクト。
チクチクと手で縫っていく。
いつでもどこでも・・。ずっと、チクチク。
 根花でもお店番してくれつつ縫っていた。

そしていつしか沢山の「手」で・・・みんなでチクチク。
 そしてそして・・到達1000枚。凄い!!
下記の文。
是非最後まで読んでほしいです。

■函館■
日時■
2011年3月3日(日)
am10:00-pm17:00
場所■
函館地域交流まちづくりセンター1F
函館市末広町4-19
各311円■
てぬぷきんワークショップ
てぬぷきんキット
お茶とお菓子

■東京 東中野■
日時■2013年3月9日(土)
am11:30-pm18:00
場所■
Space&Cafe ポレポレ坐
東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1F
各311円■
てぬぷきんワークショップ
てぬぷきんキット
手ぬい布ナプキン

※本会の収益は経費を除き震災募金に寄付します。


******************

臭くて汚いものだと一刻も早く手から離してポイと捨てていた。

「簡単」や「便利」と「エコ」や「手間」ものの価値のわかる「計り」を
心の中に常に持っていたいと思った。

高度成長期の恩恵にも与り、生活のどの部分を取っても便利になっていった。
生理用ナプキンも同じ、分厚いナプキンは薄くなり、漏れにくくコンパクトになった。

生理の日が「不幸な日」じゃなくなるのはうれしい。

「汚れたら捨てる」が当たり前になって、何の疑問も持たず、
便利になることは良いことのように思っていた。

自分の体の中でしっかり仕事してリズムを作ってくれているものなんだ。
正直驚いた。時代に逆行するようなもの そして「穢れ」たものに触れる事に。

そうだ、布でナプキンを縫ってみよう、これからの女性がものの価値を選べるように、
選択の余地があるようにと、肌にやさしい使い古した木綿や絹を使おう。
自分の体から出て行くものに感謝の思いが芽生えた。

「布ナプキン」。
そういえば記憶の隅に残ってた言葉だった。

使い捨て紙ナプキンも使用し必要に応じてそれぞれ両方を使い分けしている。
「キレイ」と「キタナイ」の境界やものの本当の正しい価値について考えた。
ナプキンを使い捨てずに手洗いする度に自分の体が愛おしくなった。


「母と娘と・・・」tete since2011

お問い合わせ
<teteの会>テヂカラバクハツプロジェクト
田中はる枝
arbol@mbg.nifty.com

http://arbol.cocolog.nifty.com

CA3I0515.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。