ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちの食を育てるお話会

根花でお世話になってる大沼の山田牧場さんのあゆみさんから
この講演会教えてもらいました。
 
 以下あゆみさんからのメッセージ交えお伝えします。

佐々木十美さん の講演会を開きます
子供の時に食べたあじは記憶に残るといいます。
一食一食が子供の味覚を形成し、将来の食事を選ぶ基準になります。
子供が大人になったときに帰っていく場所・・
その食のふるさとを温もりあるものにしていきたいと思いませんか?

置戸町で長年栄養士をしていた佐々木さんは、
食文化の根本が子供時代に培われると考え、
「本物を食べる・土地のものを食べる・楽しく食べる」ことを、
給食を通して子供たちに伝え続けてきました。
佐々木十美さんの考える「食を育てること」を、
試食を交えてお話ししていただこうと思います。

日時:2013年 1月28日(月) 10時~12時(9時半受け付け開始)
場所:七飯町文化センター スターホール
講師:佐々木十美氏(管理栄養士・置戸町食のアドバイザー)
参加費:1000円(資料代・試食代を含む)
チケット取り扱い:山田農場・あかり農場・こなひき小屋・ほんわか
お問い合わせ:大沼・こども未来舎(代表*山田農場 0138-67-2133)

*定員は70名です。
当日券はありませんので、お早めにチケットをご購入下さい。
どうやら後わずからしいので!お早めに!
*当日、託児はありません。会場の隅にお子様用コーナーを設けます。会場内にお子様が同席することを前提でお越し下さい。

主催:大沼・こども未来舎
共催:ほんわか(被災地の子供を応援する会)
協力:こなひき小屋
後援:七飯町教育委員会
sasaki_tomi_flier_Rs.jpg



ひとこと・・ある札幌のレストランのシェフからの提案で始まったこの企画。
「このままでは子供たちがダメになる・・」。
それは、食品添加物であったり、放射能であったり、農薬であったり、
化学肥料であったり、コンビニだったり・・
そしてそれが当たり前になってしまった今の親たち。
それが日常なら、子供たちが大きくなったときに、それも日常になってしまう。
その食のふるさとを少しでも温かいものにできたら・・
そんな声をかけていただいた。その時私は給食のことで悩んでいたときだったので、
ぜひ十美さんのお話しを聞いてみたいと思いました。
まだ電話で何度かやり取りしただけですが、十美さんはとてもパワフルな人です。
そして、温かくて、みんなのお母さんみたいな人。
子供たちの食の未来を、十美さんはどう考えるのか・・。
お味噌汁の試食、みりんの味覚実験などを交えて楽しくお話しを聞きに来て下さい。

チケットは限定70名です。お早めに!

____以上

 先日、妊婦さんである友人と食の話をしました。
彼女は妊娠してから添加物の入ったものが「食べれない」体になってるらしいのです。
 吐いてしまうそうです。
もう今では匂いを嗅いだだけで「あ、添加物!」と分かってしまう体質になったらしいのです。

 お腹の子が、自分・・そしてお母さんを守ってる・・。

そう思いました。
 
ちょうどこの講演会あたりが予定日!!
 
 無事に元気な赤ちゃんが生まれますように!!



 
  
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。