ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケッチオブミャーク

先日のオフグリッドのお勉強会よかったー・・。
そしてそこに偶然来てくれたスケッチオブミャークの大西監督も参加。
 とてもいい勉強会になりました。
また改めてアップします・・。
 明日。スケッチオブミャーク函館上映!

昨年イルミナシオン映画祭で観て感銘!!
いい映画ですよ。
是非!!お時間ある方観てね☆
(本日まででしたらチケット前売りありますよー
取り扱いは下記みてね)

■スケッチ・オブ・ミャーク
---沖縄 宮古島に残る神歌と古謡。歌い継ぐ人々の深淵なるドキュメント---

188188_444756918908321_2143373482_n.jpg

製作・監督・撮影・録音・編集 大西功一
原案・監修・整音 久保田麻琴



沖縄県宮古諸島。ここに沖縄民謡と異なる知られざる唄がある。
それは、厳しい島での暮らしや神への信仰などから生まれた「アーグ」と 「神歌」だ。
その唄は宮古諸島に点在する集落の中でひっそりと歌い継がれてきた。特に御嶽での神事で歌われる「神歌」は、やむことのない畏敬 の念をもって、数世紀に渡り口承で熱心に伝えられたものである。ことは音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことに始まる。
本作は、その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリーだ。 監督の大西功一は、秘められた島の神事を追い、生活と信仰と唄がひとつだった時代を記憶する最後の世代である老人達を温かく見守りながら、かつ ての島の暮らしをスクリーンに鮮やかに浮かび上がらせた。
(スケッチ・オブ・ミャークのフライヤーより抜粋)

【第64回ロカルノ国際映画祭(スイス)
「批評家週間賞 審査員スペシャルメンション2011」を受賞】

【第17回函館港イルミナシオン映画祭2011正式招待作品】

http://sketchesofmyahk.com/
----------------------------------------------------------------------

  

◆函 館
 [日  時] 11月24日(土)開演①11:00 ②13:30 ③16:00 ④18:45(開場は30分前)
 [会  場] 函館市公民館(函館市青柳町12‐17)
 [チケット] 前売1200円 当日1500円
       介助の必要な方は、介助者とペアで1200円 小学生以下無料
 [主  催] ちーむ どんどん 090-1308-8235 (米田)

◆厚沢部町
 [日  時] 11月25日(日)13:30開場 14:00開演
 [会  場] 厚沢部町町民交流センターあゆみ
       (檜山郡厚沢部町新町181‐6)
 [チケット] 前売1200円 当日1500円
       介助の必要な方は、介助者とペアで1200円 小学生以下無料
 [主  催] グループコドナ計画 090-6699-0367 (七尾)

 [後  援]函館市・函館市教育委員会・厚沢部町文化協会
      函館港イルミナシオン映画祭実行委員会・イキ!ネット
 [チケット取扱い]アルボル(森)・清水工房(厚沢部)
         トルコ喫茶PazarBazar・ごはん屋ネハナ・cafeDripDrop

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。