ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気になるカレー」

店主が、前から作りたかったというカレー。

カレーは体を冷す料理だから
暑い夏に熱いカレーを食べるのがベスト!インドも暑い国!

しかし、今は冬だから・・冷したくはない。
なので、体が暖まるカレーをと、店主が練りに練って
作ったこのカレーは薬膳にも使用される材料使用。
陰と陽のバランスを考えた「薬膳カレー」と名づけちゃいます!

豆、大根、玉ねぎ、芋、しめじ、生姜、クコの実、
トマトペースト、諸々・・のベジカリー。

で、このお味・・は?というと・・
うーん不思議なんです
カレークックの称号を持つy君でも、このカレーは店主が作ったとは
きっと当てるのは至難な業だろう・・な位、今までの店主制作には無い味、
らしくない風味な気がする。うまく伝えれず!!す、すみませぬ・・。
おいしんぼの栗田さんのように感性豊かになりたいもんです・・。

結構ネハナカレーにしては辛い!と最初思った私・・
辛いの苦手なんで(店主も私も)・・口に入れた瞬間!うーんとうなった!

しかし!次の瞬間!すーーーと消えた。
さっぱりというか、すっきりというか・・後味の辛さが無い!
 しかも数分後なんか元気になった(気がする)ただ、深夜のハイテンション
が来たのかもだが。
ほんとすっきり感でパワーでた(気になる)
そんな「気になるカレー!」が仕上がった訳です。
最後の調整に入ります。
こちらと酵素玄米おにぎりを出店させて頂きます。

他の出店は!

マグノリアのお菓子(噂ではクレープとか!?)
や、wuのコーヒー、ドリップドロップのチャイ、ジンジャーエール
他ドリンク、そしてマフィンも!

  サヨコさんの唄。楽しみです!
ナラさんの太鼓も!ああ、本当楽しみ
 山北さんの太鼓も聞けるし今日は本当楽しみな出稼ぎディー!
ああ・・・きっと素晴しき夜になるでしょう。

準備等、一生懸命頑張ってくれてる主催のPazar Bazarの92君とともかちゃん。
有難うーーーーー。きっと沢山の方がこういう気持ちでしょう。

 そして今日の太鼓の音はまた特別な意味を持って、
まちせんに響きわたることでしょう・・。

 胸に刻み・・祈らせて頂きます。

本日6時オープン、7時スタート!
まちせん二階。
主催は朝から多分移動準備してると思うので一応・・問は・・
ネハナ31-3231(三時までは繋がります)
まちせん内ドリップドロップまで22‐9700


〜 『サヨコとナラ☆トキソラライブ』出演者 〜
e0190058_23282169.jpg


○ サヨコ(fromサヨコオトナラ)○
女性NWバンド、ゼルダの歌い手として長年活躍。12枚のアルバムをリリース。その後、ジャマイカ録音のソロアルバムから、名曲「上を向いて歩こう」のカヴァーがスマッシュヒット。レゲエ、アコースティック、スタイルを超えたソロ活動で独自のワールドを表現。現在はジャンルをとび越え地球鳴りの音を奏でる「サヨコオトナラ」の歌い手として、日本各地の草の根をめぐり、地場の高い場所で歌い続ける。

○ ナラ(fromサヨコオトナラ)○
20代前半にレゲェ、ボブマーリーの音楽と出会い、ずっぽりハマる。
この頃から、レゲェの根幹にあるラスタファリズムを考えの中心におく。
当然ナイヤビンギと出会い、太鼓に興味をもつと同時にDJEMBEに会う。
丁度、N.Yに滞在し、アフロアメリカンの人達の暮らしやアートに興味を持ち、アフリカ文化にずっぽりハマる。この頃から絵を表現の一端とする。
1996年~セネガル出身のマムドゥ・カンデ氏に師事。
1997年、PERC・A・HOLIC結成。打楽器集団として、都内各所、関西などで活動を続けるが2001年解散。
1999年、アフリカ、ギニア共和国へ渡り、ラミン・ロペス氏に師事する。
帰国後、東京ナンガデフ、MANDEN-FOLIなどのグループで活動する。
JAH K.S.K & JOMORE STARS、やっほーバンド、PJアコースティックスタイル、サヨコオトナラ、朝崎郁恵(奄美島唄)、マブリ、DOUNIYAH等で活動中。
また、ギターも再び弾き始め、思いを伝えるため、唄も歌い始める。
音楽の持つ不思議な力と、言葉の魔力を信じて、現在、ソロ活も進行中。
必要とあらば、何処へでも飛んで行きます。
また、全国で、DJEMBEのワークショップも開催。

○ 山北のりひこ(from N'DANA)○
北大水産学部に在学中の1992年、昆虫採集を目的に旅したカメルーン共和国で木をくりぬいて作った太鼓の魅力に取り憑かれ、帰国後北海道のカバノキとエゾシカの皮で太鼓を自作し演奏活動を開始。
同大大学院在学中の1997年、モスバーガー地球遊学生としてケニアにて太鼓のリズムを学ぶ。
以来プロ活動に入り、2000年はケニア人音楽家と、2001年はセネガル人音楽家と[SAFAIKO]を結成。
2002年にはジンバブエ人音楽家とともに、北海道アフリカネットワーク主催の全道ツアーを行う。
2001年にはケニアの先駆的ダンサー・オンディエゲ氏率いるダンスグループのリードドラマーを務め、独自のリズムでアフリカのダンサーと二度にわたりステージを作り上げ喝采を浴びる。
遠藤ミチロウ、モンゴル音楽の嵯峨治彦、タンザニアの親指ピアノ「イリンバ」奏者のサカキ・マンゴー、シンガーソングライター・SHIBA(シバ)、アイヌの弦楽器トンコリ奏者で音楽プロデューサーのOKI等共演も多い。
自身の純日本人パーカッションユニット[N`DANA](ンダナ)を、MASATO、三田健司らと結成し北海道を拠点に全国で演奏活動を展開。最近は木琴を自作し、好評を得ている。

最近は函館のアフリカンパーカッション&ダンスのマルタッコとの練習に情熱を注ぎ、活動準備中!
今後の展開が期待されている。

  







スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。