ネハナ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズライブ!のお知らせ!

民族音楽から、ジャズ、ブ
ルース、ナツメロ音楽・・・
あらゆ音楽に精通してるcafeDripDropのなおさん!
函館の渋い音楽のご意見番と思ってる わ・た・し。

そのなおさんが主催!

ベースの瀬尾くんと以前共演した店主。
・・・このライブはやばいと予感!

型破りジャズを好きな方ぜひ!!


[日時]2011年9月20日(火) 19:30開場 20:00開演
[会場]あうん堂ホール(松風町8-6)
[チケット]前売3500円 当日4000円

[販売店]あうん堂ホール、フェルマータ、ネハナ
    cafeまるせん、金森ホール、cafeDripDrop

[問合せ]090-1308-8235/cafeDripDrop


板橋文夫のNew Trio “FIT!”がアルバム
『New Beginning』を携え、東北・北海道ツアーをします。
東日本大震災後いち早くライブ音源のCD-Rを販売し
被災地支援を行うなど精力的に活動しています。
新アルバムにはその時の曲「がんばんべー!東北」も収録。
瀬尾・竹村の二人は札幌在住で、函館でもおなじみのミュージシャンです。

当日は会場で、ドリンク・フードの販売もあります。
初秋の夜を、ゴキゲンなジャズライブで楽しみましょう!


《プロフィール》
■板橋文夫(piano)
栃木県足利市生まれ。国立音大付属高から音大進学後、先輩の本田竹広氏のジャズピアノを聴いて開眼し、ジャズに転向。以後、渡辺貞夫、日野皓正、森山威男グループを経て、エルビン・ジョーンズのワールドツアー、自己のトリオやミックスダイナマイトでの活動、全国の幼稚園、小中学校での演奏交流、アフリカツアー、幅広いジャンルの芸術家との交流など、全身汗びっしょりになりながらの激しく且つリリカルなピアノは、聴衆の心を打たずにはいられない。名実共に日本を代表するジャズピアニストである。
公式HP: http://itabashi.web.infoseek.co.jp/index.html

■瀬尾高志(bass)
1979年札幌生まれ。高校時代、コントラバスを藤澤光雄氏に師事。
北海道大学JAZZ研究会出身。
2001年、キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッション・ライブを重ねる。
2006年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに『石田幹雄トリオ』で出演し、グランプリと横浜市民賞を受賞。同トリオでアルバム『張碓』を録音。
また、2003年より札幌で十数本によるコントラバス集団『漢達の低弦』を主宰。
ブログURL:http://plaza.rakuten.co.jp/anabiosisofjazz/

■竹村一哲(drums)
1989(平成元)年札幌市生まれ。9歳からYAMAHA にてドラムを大山淳氏に師事。主にロック、フュージョン等を演奏する。
中学卒業と同時に本格的にプロ活動を開始。
2006年、石田幹雄トリオで『横濱JAZZ PROMENADE』のコンペティションに出場。
グランプリと横浜市民賞のダブル受賞。同トリオでCD「張碓」を発表。他にも参加アルバム多数。
2010年8月から渡辺貞夫のバンドメンバーとしてツアーに参加。2011年1月Barry Harrisとコンサートを実現する。他にも自己のバンドや多くのセッションで活躍する期待の若手ドラマー。
公式HP:http://ittetsutaikotataki.web.fc2.com/

[広告] VPS














スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。